ジェラルド・バトラーが心臓疾患!?撮影中に倒れ病院に搬送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
御年40のジェラルド・バトラー。体調には気をつけて!!

 映画『バウンティ・ハンター』のジェラルド・バトラーが、新作映画『コリオレイナス』(原題)の撮影中に呼吸困難と胸の痛みに襲われ、病院に搬送されたと報じられている。

 地元のメディアが報じたところによると、ジェラルドは胸の痛みのために病院に担ぎ込まれ、高血圧の治療が必要だったとのこと。しかし彼の母親はジェラルドが病気だということを否定しており、「大げさに言いすぎなのよ。彼は古い工場で撮影をしていて、スタッフ全員がほこりにやられて体調を悪くしたそうよ。もっと注意を払うべきだったわね」とザ・サン紙に語っている。

 また、ジェラルドの母親は「彼は地元の医者に診てもらったけれど、病院に行くことは認められなかった」とも話しており、過酷な現場で長時間に及ぶ撮影を行っていたことをうかがい知ることができる。

 ジェラルド・バトラーは現在、イギリス人俳優レイフ・ファインズが監督するシェイクスピア悲劇の映画化作品『コリオレイナス』(原題)の撮影の真っ最中。セルビアのほこりっぽい土地で、医師から処方されたのどあめをなめながら撮影に臨んでいるという。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]