ゲイリー・オールドマン、ジョン・ル・カレのスパイ小説の映画化へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゲイリー・オールドマン

 映画『ザ・ウォーカー』で主人公と対立する独裁者を演じたゲイリー・オールドマンが、人気スパイ小説の映画化作品へ出演することが明らかになった。

 業界紙プロダクション・ウィークリーが、新作映画『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』(原題)に、ゲイリーが出演することが決まったと伝えた。本作は、『テイラー・オブ・パナマ』や『ナイロビの蜂』の原作者として知られる、イギリスの人気作家ジョン・ル・カレの同名小説を映画化するもので、コリン・ファースマイケル・ファスベンダーデヴィッド・シューリスの3人が出演交渉中とのこと。監督は『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソンがあたり、脚本は『フロスト×ニクソン』のピーター・モーガンが執筆する。

 物語は、イギリス諜報部「サーカス」の元工作員だったジョージ・スマイリーが、諜報部内部に潜む二重スパイを探し出す、007シリーズのようなスリリングな展開だ。タイトルになっている「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」は、本編中に登場する暗号ネームから取られている。本作のジョージ・スマイリーを主人公にした小説は、これまでに5作品刊行されており、特に「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」、「スクールボーイ閣下」、「スマイリーと仲間たち」はスマイリー三部作と呼ばれ、スパイ小説の傑作と評されている。

 ゲイリーが、デンゼル・ワシントンと共演したサスペンス・アクション超大作『ザ・ウォーカー』は、6月19日から日本で公開される。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]