永瀬正敏、宮崎県口蹄疫義援金300万円を個人で寄付!チャリティーサイトも開設!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
口蹄疫義援金の動機になればとインターネットでチャリティーサイトを開設し、自らも300万円を寄付した永瀬正敏

 宮崎県都城市出身の永瀬正敏が、口蹄疫の感染拡大で被害を受けている宮崎県に、個人で300万円義援金を寄付し、口蹄疫義援金の動機になればとインターネットでチャリティーサイトを開設したことがわかった。

永瀬が出演した映画『ゼラチンシルバーLOVE』

 「for…~HOPE art gallery~」と題されたこのチャリティーサイトには、操上和美鋤田正義若木信吾蜷川実花平間至富永よしえ藤代冥砂マーク東野広川泰士鈴木親WATARU井上由美子西山尚紀石井麻木中村達也塚本修史という日本を代表する写真家(敬称略)が参加。その参加アーティストたちが、「HOPE、希望」というテーマのもと、無償で提供した作品を、サイト上に順次アップしていく予定。写真家としても活動している永瀬の作品も掲載される。またこのサイトでは、お金の寄付を仲介することはせず、掲載されていく作品に共感した人自身が、直接宮崎県口蹄疫基金のサイトから、義援金を納めるという流れを作ることを目的としている。

 永瀬は、「ギャラリーをご覧下さった皆さん、作品をご覧になり、アーティストの 方々の想いを受け取っていただいた後、どうか今の、これからの宮崎の現状、 口蹄疫の事を知っていただき、メッセージなど、どのような形でも結構ですので、 小さな希望を届けていただけると幸せです」とコメントし、宮崎県に希望を与えてくれるよう、呼びかけている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]