ホラー映画界の重鎮ジョン・カーペンター監督、ヒラリー・スワンク主演のドラキュラ映画を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョン・カーペンター監督 - Amy Sussman / Getty Images

 ホラー映画界の重鎮監督ジョン・カーペンターが、ヒラリー・スワンク主演のドラキュラ映画でメガホンを握ることになった。この作品は、ジョン・マークス原作の同名小説を元にした『ファングランド』(原題)で、ヒラリーはドラキュラの故郷と言われるルーマニアのトランシルバニア地方へ出かけるニュース番組のプロデューサーを演じる。

 映画『ハロウィン』シリーズなど、70年代からハリウッド・ホラー映画界を牽引してきたカーペンター監督だが、2001年の映画『ゴースト・オブ・マーズ』には「失敗作」と厳しい評価が下り、その後は目立った映画作品がなかった。そんななか、今年は、久々にメガホンを握ったスリラー『ザ・ウォード』(原題)がアメリカでは9月に公開されることが決まっているほか、新作ホラー『L.A.ゴシック』(原題)、『ザ・プリンス』(原題)といった企画も挙がっており、ホラー・ファンにはうれしいニュースが続々挙がっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]