1980年代の探偵ドラマ「ザ・シークレット・ハンター」の映画版主演にラッセル・クロウ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラッセル・クロウ - Vera Anderson / Getty Images

 アメリカでは、6月11日より1980年代の人気ドラマを映画化した『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』が封切られたが、また新たな1980年代ドラマが映画化されようとしている。

 ロサンゼルス・タイムズ紙が独占スクープとして伝えたところによると、1984年から1989年の間に、アメリカのCBSテレビで放映されたドラマ「ザ・シークレット・ハンター(The Equalizer)」の映画化が進められており、主演スターとしてラッセル・クロウがかかわっているとのこと。同ドラマの映画化は数年前から進められており、当初はザ・ワインスタイン・カンパニーのボブ&ハーヴェイ・ワインスタイン兄弟がかかわっていたが、現在は『インビクタス/負けざる者たち』や『トータル・フィアーズ』などジャック・ライアンシリーズを手掛けてきたメイス・ニューフェルドがプロデューサーとして参加している。

 クロウが演じるのは、故エドワード・ウッドワードが演じた主人公の探偵ロバート・マッコールで、彼が諜報員時代の経験を生かして依頼人の問題を解決していくクライム・サスペンスだ。毎回エピソードには、レイプやドラッグ、銃問題などが取り上げられていた社会派ドラマで、地味なシリーズながらもカルト的人気を誇っている。ラッセルは、ウッドワードがマッコールを演じた年齢より若く、組織の汚職に疲れ果てた初老の探偵役には早すぎる気もするが、警察など法では裁ききれない悪を退治する年老いたヒーローが主人公の映画は面白いかもしれない。

 ラッセルが、『グラディエーター』『プロヴァンスの贈りもの』『アメリカン・ギャングスター』『ワールド・オブ・ライズ』に続いて、リドリー・スコット監督とコンビを組んだ、新作『ロビン・フッド』は12月に日本公開予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]