実写版『あしたのジョー』撮影終了!ジョーの山下智久が雨の中、野良猫のようにうずくまる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ファンにとっては忘れられない「あしたのジョー」原作のロゴ - (C) 高森朝雄・ちばてつや/講談社

 矢吹丈役に山下智久、そのライバル力石徹役を伊勢谷友介が演じる不朽の名作コミック「あしたのジョー」実写版映画が6月2日にクランクアップを迎えた。撮影を終えての曽利文彦を直撃した。

 撮影は今年の3月下旬に開始され、6月初めに撮影が終了した。最後に撮影したシーンは、逆に物語の冒頭。夜更けの雨の中。チンピラを殴り飛ばしたジョーが警官たちに追われて逃げ込んだ路地裏のとあるビルの非常階段の下。野良猫のように、ジョー(山下智久)が軒下にうずくまっているというシーン。

 ご存じの方も多いが映画の撮影は物語の流れで撮られるわけではなく、シーンごとに分けて撮影される。最後に撮ったシーンが最後のシーンになるわけではないのだが、映画を製作する側にとってクランクアップは印象に残るシーンだけに、撮り終えた瞬間の感想を曽利監督に聞くと、「大変な撮影の割には楽しい現場だったのでクランクアップした瞬間は終わってしまうことがとても寂しい気持ちでした」とやはり大困難を極めた撮影のことは頭をよぎったらしい。それでも撮影は順調だったらしく、「ボクシングシーンなど、とても困難な撮影が多かったので、予定通り撮り終わったことが奇跡的でした。キャスト、スタッフの皆さんの努力にひたすら感謝です」とチームワークの良さも明かしてくれた。

[PR]

 「あしたのジョー」は半世紀にわたり人々に愛され続け、スポーツ界の大物や、生き方のバイブルにする人まで熱狂的なファンを抱えている作品だが、曽利監督がこの物語を受け止めたとき、「すべてを出し切り、何もなくなるまで必死に生きろ!」という強いメッセージが印象的だったという。

 山下智久が演じた矢吹丈という人物は、不良少年でありながら、ひたむきに自分の信じた道を生きていく。そんな彼の人間的な魅力を監督は「風のようにひょうひょうと生きながら、ぶつかると岩のように硬いところ」と表現。山下の醸し出す雰囲気と何となく合致しそうな気がする。

 また、本作では伊勢谷友介演じる力石徹とジョーとの人間的な葛藤(かっとう)が物語をけん引していくが、その人間性の違いをどう描いたかについては、「静と動。力石が静でジョーが動。でも芯の部分では同じ二人だと思います。それぞれのメッセージやイメージを大切にして、さらにオリジナリティーを加えながら演出しました」と表現。メンタル的な部分が動きで表現されていることにも期待が持てそうだ。

 撮影は終えたが仕上げはこれから行われる。曽利監督の『ピンポン』や『APPLESEED アップルシード』を観てもわかるように、もともとの素材を躍動的にそして美しく編集していく手腕は卓越しており、世界的な評価も高い。

 すでに世界観が確立している歴史的な人気作品だが、曽利監督が作り上げてくれる『あしたのジョー』は、この物語を新たな方法で日本の傑作映画として映画史に刻んでくれそうな予感がする。

映画『あしたのジョー』は2011年陽春全国東宝系にて全国公開予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]