松嶋菜々子とソン・スンホンのキスシーンも解禁?アジア版『ゴースト』の世界観が明らかに!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ゴーストにはなりたくないけど、こんなふうに肩を抱かれたい!-映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』場面写真 - (C)2010「ゴースト」製作委員会

 故パトリック・スウェイジさんとデミ・ムーアが共演した往年の名作映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のアジア版、映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』の特報がオフィシャルサイトにアップされた。3日、製作報告記者会見が行われ、1990年版とは男女が入れ替わり、松嶋菜々子が「ゴースト」役だと発表された本作の世界観が明らかにされている。

 女社長を演じている松嶋がオフィスを颯爽(さっそう)と歩き、陶芸家を目指すキム・ジュノを演じるソン・スンホンのさわやかな笑顔から始まる今回公開された特報。松嶋が命を落とす悲しいシーンも含まれているが、暗い部屋で唇を合わせているような二人の姿が幻想的だ。

 また、予告編には粘土をこねるシーンが含まれているが、『ゴースト/ニューヨークの幻』といえば、デミ・ムーアがパトリック・スウェイジさんに包まれるように二人でろくろを回すシーンが有名。そんな名シーンのアジア版を目にすることもできるのか? 本作では、ウーピー・ゴールドバーグがアカデミー賞助演女優賞を獲得した霊媒師の役を、最近の邦画大作にこの人あり! の樹木希林が演じることも発表されており、アジアの名優たちの共演にも注目が集まっている。

映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』は11月13日より全国公開

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]