レイチェル・マクアダムス、新作ラブコメ映画のラブシーンで青あざだらけ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
激しかったようで! -レイチェル・マクアダムス - Dan MacMedan / WireImage / Getty Images

 新作映画『恋とニュースのつくり方』に出演しているレイチェル・マクアダムスが、ラブシーンで青あざだらけになったという。

レイチェル・マクアダムス出演映画『恋とニュースのつくり方』場面写真

 「ロジャー・ミッシェル監督の考えで、倒れこんで、転がり込むような形でベッドルームに二人でたどり着くというラブシーンになったんだけど、あちこちをぶつけて青あざとこぶだらけになっちゃった。どんなラブシーンでもそうだけど、最初はギクシャクした雰囲気だったわ。でも、パトリック(ウィルソン)とわたしがおもしろい動きをしなければならなかったから、最後には恥ずかしさよりも大笑いしたシーンだった」と、シドニーのデイリー・テレグラフ紙に語っている。

 レイチェルは映画『きみに読む物語』のライアン・ゴズリングと別れた後、俳優のジョシュ・ルーカスとの交際が報じられたが、破局。最近では映画『ミッドナイト・イン・パリス / Midnight in Paris』(原題)で共演したマイケル・シーンとイチャイチャしているところが目撃され、インスタイル誌のインタビューで「映画に出演するたびに誰かと近しい関係になる」と語っている。必ずしもロマンチックな関係ばかりではないらしいが、今後もレイチェルがどの共演者とお近づきになるかに注目したい。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]