ついに合格!ずっこけ見習い警察犬・きな子、6年ごしの栄光!来年1月より警察犬として出動決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
きな子、合格おめでとう! - (C) 2010「きな子~見習い警察犬の物語~」製作委員会

 ずっこけ見習い警察犬としてテレビで紹介され、一躍有名になったきな子が本日12月14日に香川県警の審査に合格し、来月から嘱託警察犬として採用されることが明らかになった。きな子は、今年公開された映画『きな子~見習い警察犬の物語~』のモデルにもなっている。

映画『きな子~見習い警察犬の物語~』場面写真

 きな子は、障害物訓練で顔面から着地するなど、審査に6年連続で落ち続け、そのドジっぷりが人気を集めた日本一有名な見習い警察犬。ラブラドールレトリーバーのきな子は8歳で、人間に換算すると50歳という高齢だが、今年の11月に行われた臭気選抜試験ではトップの成績で優勝するなど、能力はまだまだ現役。来年の1月からは、事件捜査や災害時の行方不明者捜索など、念願だった警察犬として出動することになる。

[PR]

 きな子は、今年8月に公開された夏帆主演の映画『きな子~見習い警察犬の物語~』のモデルにもなっており、劇中で訓練士を目指す女の子と二人三脚で奮闘する姿に感動した人も多かったはず。同作は、来年1月にDVD化されることもすでに決定しており、今回のきな子の合格発表への思わぬ祝砲となった。

 『きな子~見習い警察犬の物語~』は香川県・丸亀警察犬訓練所の見習い警察犬で、そのズッコケぶりが地元テレビ局で取り上げられた実在のラブラドール・リトリーバー“きな子”をめぐる感動の実話を映画化。主演は『天然コケッコー』の夏帆、共演に『相棒』シリーズの寺脇康文。監督は『アンフェア the movie』の小林義則が務めている。

映画『きな子~見習い警察犬の物語~』DVDは2011年1月14日に松竹株式会社映像商品部より発売 価格: 2,940円(税込み)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]