ハリウッド版『デスノート』実写映画の監督決定!アクションが得意なシェーン・ブラック監督に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
僕がメガホン取ります!-シェーン・ブラック監督 - M. Caulfield / WireImage / Getty Images

 ハリウッドの実写映画版『DEATH NOTE』の監督が、ロバート・ダウニー・Jrとヴァル・キルマー主演の映画『キスキス,バンバン』のシェーン・ブラックに決まったとデッドライン・ハリウッドが報じた。ブラック監督は、メル・ギブソン主演の映画『リーサル・ウェポン』の脚本も手掛けた人物。アクションを得意とするブラック監督が、どのような世界観でハリウッド版『DEATH NOTE』を作り上げるのか、注目が集まる。

 「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートするやいなや、衝撃的なストーリーが話題となった大人気コミック「DEATH NOTE」。日本では藤原竜也松山ケンイチのキャストで映画化され、前後編合わせて興行収入80億円を突破する大ヒットを記録。デッドライン・ハリウッドによると、原作・大場つぐみ、作画・小畑健による漫画は、全世界で3,800万部を売り上げているという。キャストなどはまだ発表されていないが、ブラック監督は「わたしの大好きな漫画なんだ。その独特の素晴らしい感性に衝撃を受けた」語っており、メガホンを取ることを喜んでいるようだ。

 「DEATH NOTE」のストーリーの中心は、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノート“デスノート”を所有する天才青年、夜神月(やがみライト)と、彼を追うもう1人の天才、L(エル)との対決。ライトとLのキャスト発表も待ち遠しい。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]