宝塚と任侠作品がコラボ!?大親分・清水次郎長が華麗に舞台化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
元宝塚女優が熱演!

 21日、清水次郎長を題材にした舞台「勢揃い、清水港 次郎長三國志」の公開リハーサルが銀座の博品館劇場で行われ、榛名由梨郷ちぐさ瀬戸内美八汀夏子高汐巴えまおゆうなど元宝塚歌劇団トップスターの17名が華麗な共演を披露した。終了後の囲み取材では、一同が、本作への出演、元宝塚メンバーたちとの久しぶりの共演への喜びを語った。

 清水次郎長といえば、幕末から明治にかけて静岡県清水を中心に活躍した大親分。任侠(にんきょう)の世界に生きた人物ではあるが、人情味あふれる次郎長は、多くの日本人に愛され、これまでに数々の映画やドラマが制作されてきた。本作で次郎長を演じたのは、元宝塚トップスターの榛名。これまでに高橋英樹北大路欣也杉良太郎中井貴一などの名優が演じてきた次郎長役を任されるとあって、「次郎長はすごく有名な人物ですし、演じてきたのも有名で名だたる方たち。プレッシャーがいっぱいかかっていました」と明かすも、舞台上では大親分らしい堂々たる演技と立ち回りを披露。終了後は「こういう世界観は日本人が忘れかけているものだと感じていた。すごく幸せですし、演じることで人間的に成長するんじゃないかという気がします」と感無量の笑顔で語った。

 また一同は、久しぶりに実現した元宝塚メンバーとの共演にも喜びのコメントを連発。次郎長と並んで有名な森の石松を演じた汀は、「何年も会わなかったメンバーと集まって、一つの作品を作り上げることができて本当に幸せ。『観ないとソンソン、ぜひ来てください』って書いといてください」とおちゃめに報道陣たちにアピール。ところが少々緊張気味だったのは、榛名と汀の後輩にあたる瀬戸内。「和気あいあいとやっているが、その中にも必ず上級生・下級生の関係があるのが宝塚。規律を守りつつ楽しくやっています」と先輩たちを前に謙虚なコメント。さらに後輩にあたるえまおは、「舞台上では上級生を突き飛ばしたりしています。すみませんでした!」と半ば本気? で謝罪し、報道陣を笑わせた。

舞台「勢揃い、清水港 次郎長三國志」は1月21日から1月30日まで博品館劇場にて上演

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]