キム兄最新作はいろいろあった人にこそ受ける映画!IMALU「自分の名前の由来とリンクする」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
あなたの「ワラライフ!!な瞬間」はいつですか? - (C) 2010「ワラライフ!!」製作委員会

 芸人、構成作家、料理人、俳優と多彩な分野で才能を発揮し、映画『ニセ札』で長編監督デビューを果たした“キム兄”こと木村祐一の監督第2作『ワラライフ!!』は、いろいろあった人にこそ受ける映画!? 木村監督の人生にリンクした作品が、さまざまな人生経験を積んできた著名人たちの心に響いているようだ。

映画『ワラライフ!!』写真ギャラリー

 土屋アンナは、本作について、「普段見落としがちな、日常の中にある小さな幸せのありがたさを再確認させられ、人は人により、支えられて生きて、自分も人を支えなければいけないと……命とはそういうものだと教えてくれる映画なのでは……」とコメント。昨年、自身のスタイリストである大和さんとの間に授かった第2子を出産したばかりの土屋にとって、本作は、家族と支え合って生きていくことを再認識した作品になった様子。さまざまな困難を乗り越えてきた土屋は、「何も構えず観れ心にゆとりができました」と本作によって心が洗われたようだ。

[PR]

 一方、明石家さんま大竹しのぶの娘で、モデル、ラジオパーソナリティーとして活躍し、映画『ランウェイ☆ビート』の公開も控えるIMALUは、「この『ワラライフ!!』の意味は、まさに私の名前の由来である”生きてるだけで丸儲け”だなぁと勝手に思ってしまいました。過去も今も未来も、普通の日常を愛す事が大事なんだと改めて気づいた気がします」と本作によって自分の名前に対する感慨をさらに深めた様子だった。そのほか女優の宮地真緒やモデルの真山景子、映画監督で演出家のタカハタ秀太、脚本家で演出家の大宮エリーなどが、自分にとっての「ワラライフ!!な瞬間」を考え、あたたかい気持ちになったことを語っている。

 そんな本作のタイトル『ワラライフ!!』は、小さな喜びにすぎないけれど、大きな幸せを感じた瞬間に英語圏の人が叫ぶ“What a wonderful life!!”の略語。出演者たちも、それぞれ「朝カーテンを開けたら すごい晴れでなく また雨でもない 程よい日 なんだかほっこりします」(香椎由宇)、「美味い日本酒と肴で一杯やるそのひととき」(吉川晃司)など、それぞれ「ワラライフ!!な瞬間」を明かしている。いろいろあったキム兄だからこそできた本作は、「ワラライフ!!な瞬間」を日本に広めてくれそうだ。

映画『ワラライフ!!』は1月29日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]