『007』第23作目のシリーズ、ハビエル・バルデムの出演交渉中!悪役か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ペネロペ・クルスの夫でもあるハビエル・バルデム

 映画『ノーカントリー』でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、今年のオスカーでも主演男優賞にノミネートされているハビエル・バルデムが、第23作目の『007』シリーズへの出演交渉中であることがComingsoon.netにより明らかになった。

 同作は、ダニエル・クレイグが再びジェームズ・ボンド役に、ボンドに指示を送るM役もジュディ・デンチが引き続き演じることになり、さらに監督は映画『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督がメガホンを取ることになっている。

 今のところ、この映画のストーリーとハビエルの役は明かされていないが、悪役を演じるのではないかとうわさされている。もしハビエルが悪役を演じることになれば、1985年製作の映画『007/美しき獲物たち』でクリストファー・ウォーケンが悪役を演じて以来、オスカーの受賞経験者が悪役を演じることになるそうだ。

 ただ現在ハビエルは、ロン・ハワード監督が手掛けている予定のスティーヴン・キング原作の「ダーク・タワー」シリーズの主役もオファーされているようで、彼がどちらに出演するかは今後注目されそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]