『アルマゲドン』のマイケル・ベイ監督が、自身がメガホンを取った『トランスフォーマー/リベンジ』は駄作だと告白

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『トランスフォーマー/リベンジ』のマイケル・ベイ監督 - Charley Gallay/Getty Images

 『アルマゲドン』や『パールハーバー』などを手掛けてきたマイケル・ベイ監督が、自身がメガホンを取った『トランスフォーマー/リベンジ』が駄作であると告白したことがハリウッド・リポーターによって明らかになった。

 これはマイケル監督がイギリスのエンパイア誌に答えたもので「幾つかの過ちを犯してしまった」と批判的な評価の多かった続編について、まず苦言を呈した後、すぐに「今、(あの映画を)見直してみると、全くの駄作だと思ったんだ。あれは脚本家のストライキで、わずか3週間で脚本を撮影までに間に合わせる状態だったため、(そんな状態で)映画を製作するなんて無理だったんだよ」と失敗した理由を明かした。

 さらにマイケル監督は「ずっと撮影を準備していたが、手元にあったのは14ページだけの、映画がどういうものなのかというアイデアがわかる程度のものだった」と付け加えた。

[PR]

 この映画で主演したシャイア・ラブーフも、同作がカンヌ国際映画祭で上映された際に「続編を鑑賞した時は、僕らがやったことに満足できなかったよ。確かに激しいスタントがあったが、ハート(心)を無くしてしまった感じだった」と述べている。

 だが、シャイアもマイケルも3作目に当たる『トランスフォーマー:ダーク・オブ・ザ・ムーン(原題) Transformers : Dark of the Moon』を製作して、現在はその編集段階にある。さらに撮影中は、『アバター』のスタッフのもと3D撮影を行っていたそうだ。

 そのため今度こそマイケル監督は、言い訳をしないですむような作品を製作できるのであろうか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]