過激すぎる!デヴィッド・フィンチャー版『ドラゴン・タトゥーの女』のポスターがR指定と話題騒然!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
この美女があんなところにピアスを!?-リスベット役のルーニー・マーラ - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 デヴィッド・フィンチャー監督が手掛ける、スウェーデン映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のリメイク版のポスターが、その過激さからR指定ものだと話題になっている。

映画『ソーシャル・ネットワーク』場面写真

 宣伝ポスターは、主演のダニエル・クレイグルーニー・マーラ演じる全身ピアスの天才ハッカー、リスベットを後ろから抱きしめる姿が描かれたもので、ダニエルに抱きしめられたルーニーは上半身裸。ダニエルの腕によって少し隠されてはいるが、彼女の胸部と、そこに付けられたピアスが確認できる過激なモノクロ写真が使用されている。報じたcomingsoon.netなどでは、R指定に該当するとして、ルーニーの胸にぼかしをかけてポスターを紹介。また、スラッシュ・フィルム.comなどは、メッセージで胸部が覆い隠されているバージョンを紹介している。

 日本で紹介される日が楽しみな本作のポスター写真は、監督自身がハリウッド・レポーターに使用を希望していると話していたものとのこと。ここ最近は映画『ソーシャル・ネットワーク』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』など、人間ドラマを中心に描く作品が多かったフィンチャー監督だが、R指定による公開を覚悟しているような、挑戦的で過激なポスターを使用する本作では、久々に『セブン』のような、美しさと残虐さの入り混じる映像を堪能できるかもしれない。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]