エディ・マーフィ、第84回アカデミー賞司会の有力候補に!エディのキャリアに疑問の声も?

第84回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アカデミー賞の司会に?-エディ・マーフィ - Charley Gallay / Getty Images

 第84回アカデミー賞の司会候補にエディ・マーフィが浮上したと米各メディアが報じている。エディは、今年の授賞式のプロデューサーに決定しているブレット・ラトナー監督がメガホンを取った11月全米公開予定の映画『タワー・ハイスト / Tower Heist(原題)』に出演しており、ラトナー監督のハートを射止めている様子。6日(現地時間)にも、ブレッドらプロデューサー陣が、アカデミー協会会長トム・シャークと会談を行う予定で、そこでなんらかの決定がなされるのではないかと言われている。

 突如第84回アカデミー賞司会の有力候補に名前が挙がったエディだが、これまで同賞とは縁遠く、疑問の声も上がっている。そもそもエディが同賞にノミネートされたのは、2006年の映画『ドリームガールズ』での助演男優賞のみ。受賞を逃したエディは、そそくさと会場を後にしたことから、アカデミー協会との確執がうわさされたこともあった。重ねて、ロサンゼルス・タイムズ紙は、最近のエディが、映画『シュレック』シリーズでの声優以外、あまり目立った活躍をしていないことにも言及している。

 しかし、コメディアンとしてキャリアをスタートさせたエディには、1990年、1991年、1992年、1993年、1997年、1998年、2000年、2004年と司会を務めたビリー・クリスタルばりのユーモアが期待できる上、『ドリームガールズ』でも披露してくれた美声で、2009年に司会を務めたヒュー・ジャックマンばりのエンターテインメント性の高い司会ぶりも期待できる。いずれにせよ、視聴率の向上を狙って若手注目俳優のアン・ハサウェイジェームズ・フランコを起用した昨年が、不評に終わったため、今年の司会擁立にはアカデミー協会側も、相当頭を悩ませている様子。エディの司会が実現すれば、その手腕に注目が集まることになる。(編集部・島村幸恵)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]