スティーヴン・スピルバーグの新作『ロボポカリプス』、20世紀フォックスとドリームワークスが共同出費で制作!1億ドル以上の予算を想定か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
やはり巨匠は額が違う! -スティーヴン・スピルバーグ - Frazer Harrison / Getty Images

 『JAWS/ジョーズ』や『E.T.』などの娯楽作品から、『シンドラーのリスト』や『プライベート・ライアン』などのシリアスな秀作も手掛けてきたハリウッドの巨匠スティーヴン・スピルバーグの新作『ロボポカリプス(原題)/ Robopocalypse』を、20世紀フォックスとドリームワークスが共同出費して制作することがエンターテインメント・ウィークリー誌によって明らかになった。

スティーヴン・スピルバーグ監督映画『戦火の馬』場面写真

 同作は、今年6月7日に出版された作家ダニエル・H・ウィルソンの同名小説を映画化する作品で、ロボット反乱後の人類の運命を描いた黙示録になるそうだ。ちなみに、作家ダニエルはロボット工学で博士号を取得していて、その彼の意見を充分聞き入れてから製作が行われるとみられている。

[PR]

 これまで数々の大作を世に送り出し、素晴らしい興行を世界中で収めてきたスピルバーグ監督だが、以外にも制作費が1億ドル(約77億円)を超えたのは『マイノリティ・リポート』『宇宙戦争』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』のわずか3作。そのため、今回2つのスタジオが製作するとなれば、予算も高額な作品になるとみられている。(1ドル=77円換算)

 脚本は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のドリュー・ゴダートが執筆していて、撮影は来年の春から行われ、2013年の7月3日に公開する予定だ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]