スタジオジブリ特集上映が北米で企画中!『となりのトトロ』『もののけ姫』など13作品の配給権をGKidsが獲得

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
宮崎駿作品の多くが北米で配給される!? - Dan Kitwood/ Getty Images

 映画『となりのトトロ』『もののけ姫』など、スタジオジブリが2002年までに制作したアニメーション13作品の北米配給権をGKidsが獲得したとバラエティーが報じている。これに伴い同社は今年から来年に掛けて、北米でのスタジオジブリ特集上映を企画しているという。

スタジオジブリ最新映画『コクリコ坂から』

 バラエティーによると、今回GKidsが北米配給権を獲得したのは、スタジオジブリ設立前の1984年から2002年までに制作された13本。これは作品でいうと、『風の谷のナウシカ』から『猫の恩返し』までとなる。今回の契約により、GKidsは今後、字幕版と吹き替え版の北米での配給を担当。DVDやブルーレイに関しては、これまで同様、米ディズニーが権利を保有すると報じられている。

 現在判明している限りでは、GKidsは今年12月16日からスタジオジブリの特集上映をニューヨークで行うほか、来年6月までをめどにアメリカ・カナダの各都市で特集上映が行われる予定。その後、GKidsはこれまで北米で一般上映されなかった作品を含め、北米で劇場公開していく見通しだ。なお、今回のニュースについてスタジオジブリの担当者は「現段階ではコメントできない」と回答している。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]