恵比寿マスカッツ小川あさ美、禁断の女性同士の体験を告白!希崎ジェシカは興味津々!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
セクシー衣装で登場した希崎ジェシカと小川あさ美

 セクシーアイドルたちによるグループ・恵比寿マスカッツの希崎ジェシカ小川あさ美が1日、エロチック・サスペンス映画『クロエ』のブルーレイ&DVD発売記念のセクシー応援団に就任し、都内で行われた会見にセクシー衣装で登場した二人は、きわどいトークを繰り広げた。

映画『クロエ』場面写真

 本作は孤独にさいなまれる主人公を『キッズ・オールライト』のジュリアン・ムーアが体当たりで演じ、『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・セイフライドが初ヌードを披露して魔性の娼婦(しょうふ)を熱演、さらには二人によるレズシーンも収められている話題作だ。

[PR]

 作品の感想を聞かれた希崎は、目を輝かせて「エロいシーンはすごく真剣に見ました。ヌードシーンやレズシーンがすごく生々しくてお勉強になりました」とくぎ付けだった様子。「でもセクシーさでは負けません、もっと出していかなくちゃ」となまめかしい笑顔でコメントした。

 一方の小川は、仕事の撮影でレズシーンの経験があることを恥じらいながら告白し「3回くらいあるんですけど、『なるほど~』って。女性同士のエロは、男性とは違うエロがあってすごくいいですね」としみじみ回想にふける。それを聞いた希崎は「わたしは(レズ経験は)ないですけど、あさ美ちゃんはすごくいい女だし、見ているとドキドキしちゃいます」と新境地へ興味津々のようだった。

 その後、作品に登場する魅力的な男性をどう誘惑するか? というトークで二人は盛り上がる。「タッチして気持ちがあることをアピールします。へへへ」と恥じらう小川に対し、希崎は「バッて脱いじゃえば? 脱いで誘惑したら一発だよ」と肉食系キャラを発揮し、凸凹コンビぶりを見せつけていた。

 『クロエ』は、映画『秘密のかけら』など独自の愛の世界を探求する鬼才、アトム・エゴヤン監督による官能サスペンス。何不自由ない生活を送りながら、夫の浮気疑惑によって自らを破滅へと追い込んでいく女性の悲しいさがを描き切る。(肥沼和之)

『クロエ』ブルーレイ&DVDは11月2日発売(ブルーレイ:税込み4,935円、DVD:税込み3,990円)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]