アメリカ版新『ゴジラ』、また新たに脚本家を雇うことに!今度で3人目、早くも駄作の予感?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハリウッドの殿堂入りも果たしているゴジラ(日本のゴジラ) - Bill McClelland / FilmMagic / GettyImages

 アメリカ版新『ゴジラ』の製作で、脚本を担当していた映画『バットマン ビギンズ』や『ダークナイト』のデヴィッド・S・ゴイヤーの脚本を新たに改稿していることが明らかになった。

 これは、ワーナー・ブラザーズのもと制作会社レジェンダリー・ピクチャーズが企画している映画で、これまで映画『エクスペンダブルズ』のデヴィッド・キャラハムが同作の脚本を執筆し、さらに『バットマン ビギンズ』のデヴィッド・S・ゴイヤー、そして今回新たにセルゲイ・ボドロフの新作『ザ・セブンス・サン(原題) / The Seventh Son』のマックス・ボレンスタインが、新たに脚本を改稿することになったようだ。これまでハリウッドの大作で、何度も脚本を改稿する作品は駄作が多く、すでに一貫性のある脚本になるかが疑問視されているようだ。

 監督は映画『モンスターズ/地球外生命』のギャレス・エドワードがメガホンを取り、製作は映画『エンジェル ウォーズ』のトーマス・タルジョン・ジャシュニが担当することになっている。

 映画『ゴジラ』は、1954年に特撮怪獣映画として公開されてから、その後28作品もの『ゴジラ』作品が制作され、我々日本人にとっても愛着のある作品だが、1998年に製作されたハリウッド版『GODZILLA』では、同年のゴールデンラズベリー賞で、最低のリメイク作品賞をという結果を出しているだけに、新作『ゴジラ』も同じ道をたどらないか心配だ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]