サム・ライミの名作ホラー映画『死霊のはらわた』リメイクの主役二人が決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェーン・レヴィ(左)とシャイロー・フェルナンデス(右) - Kevork Djansezian / Ray Tamarra/ Getty Images

 サム・ライミが製作・監督・脚本を担当し、日本でスプラッターという言葉を定着させたことで有名なホラー映画の草分けとなった1981年の名作『死霊のはらわた』のリメイク版の主役二人が決定した。

 主演男優は映画『赤ずきん』のシャイロー・フェルナンデス、主演女優は人気テレビドラマ「サバーガトリー(原題) / Suburgatory」のジェーン・レヴィが役を獲得したとDeadlineは伝えている。

 ストーリーは、休暇を郊外で過ごそうと別荘を訪れた数人の男女が、そこで見つけた“死者の書”という奇妙な本とテープレコーダーに録音されていた呪文をひもといたために邪悪な死霊が復活し、次々と若者たちを血祭りに上げていくというもの。

 監督は新鋭フェデ・アルヴァレスで、サム・ライミは旧友ロブ・タパートとともにプロデューサーを務める。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]