ガエル・ガルシア・ベルナルと『ホテル・ルワンダ』の脚本家ケア・ピアソンがタッグ!労働活動家セサール・エストラーダ・チャベスを描いた映画を製作!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画製作にも力を入れているメキシコ出身の俳優ガエル・ガルシア・ベルナル - Victor Chavez / WireImage / Getty Images

 メキシコ出身の人気俳優ガエル・ガルシア・ベルナルと、映画『ホテル・ルワンダ』の脚本家ケア・ピアソンがタッグを組んで、伝説の労働活動家セサール・エストラーダ・チャベスを題材にした映画を制作することがDarkhorizons.comによって明らかになった。

ガエル・ガルシア・ベルナル出演映画『私だけのハッピー・エンディング』写真ギャラリー

 これは、プロデューサー、ラリー・メリと『ホテル・ルワンダ』の脚本家ケア・ピアソンが、労働活動家セサール・エストラーダ・チャベスの伝記本の著作権を獲得し、それを基に映画化する予定の作品で、ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナの制作会社カナナ・フィルムズが製作を担当することになっている。

[PR]

 セサール・エストラーダ・チャベスは、アメリカで1950年代から1990年代の初期まで農場労働者のために労働条件改善と人権を訴え、さらに農場労働者の組合を初めて結成し、後に一般の労働者運動にも影響を与えた人物。アメリカの9つの州では、チャベスの誕生日である3月31日が休日になっているほどだ。

 まだ企画段階であるために、いつ頃制作に入るかはわからないが、興味深い映画になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]