「相棒」捜査一課の伊丹刑事、松本幸四郎の長女と結婚秒読み!?「ごあいさつはちゃんと終わっています」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
伊丹刑事役でおなじみ川原和久

 16日、千代田区内幸町のイイノホールでテレビドラマ「相棒」スペシャル・ファンミーティングが行われ、捜査一課の伊丹刑事役でおなじみの川原和久が、週刊誌の熱愛報道についてコメントした。 

 今回のファンミーティングは、DVD-BOX購入者だけが参加できるスペシャル企画。トリオ・ザ・捜査一課(川原和久、大谷亮介山中崇史)、「暇か?」でおなじみの角田課長(山西惇)、そして鑑識の米沢守(六角精児)というおなじみの面々が登場すると、会場から大きな拍手が巻き起こった。

 この面々のプライベートトークはかなり珍しいものがあるが、この日の話題の中心となったのは、伊丹刑事役の川原の熱愛報道。お相手は松本幸四郎の長女で、松たか子市川染五郎の姉にあたる松本紀保ということで、松本家の屋号である「よ、高麗屋!」という掛け声で山中がちゃかすと、川原は照れくさそうにすることしきり。

[PR]

 そんな中、テレビ番組の「ごきげんよう」をほうふつさせるサイコロトークを実施。なんとか熱愛の話をさせようとする共演者たちと、それをはぐらかそうとする川原との攻防が繰り広げられたが、「危なかった話」という面が出た川原もついに観念した様子。「(会食の場に)女性誌がいたなんて知らなかった。別にこそこそ隠れていたわけでもないけど、先方が立派なおうちなんでね」と不思議そうな表情でコメント。

 さらに「段取りはどうなの?」という突っ込みに「ごあいさつはちゃんと終わっていますよ」としぶしぶ返答。すると会場内からは大きな拍手が起こり、川原を祝福。そして「週刊誌には三人で食事をと書いてありましたけど、実際は六人くらい。いろいろ事実は間違っています」と訂正。すかさず中山が「『徹子の部屋』に出たときは彼女募集していたのにね」と再びちゃかし、会場を笑いに包んだ。

 そして、「人生の相棒を見つける秘けつ」について、「秘けつなんてないですよ。流れですよ。自分と相手の流れが合致したときがそういうタイミング」と返答。幸せそうな様子の“伊丹刑事”だった。(取材・文:壬生智裕)

テレビドラマ「相棒(season9)」DVD&ブルーレイは発売中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]