スピルバーグ製作総指揮のSFドラマ「Terra Nova~未来創世記」の存続交渉が決裂!ほぼ放映続行不可能に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
残念! - 放映続行不可能となったSFドラマ「Terra Nova~未来創世記」 - Frederick M. Brown / Getty Images

 先日、低視聴率のためにわずか1シーズンで打ち切りが発表されたスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮のSFドラマ「Terra Nova~未来創世記」の存続のために、ネットフリックスと同番組をこれまで制作してきた20世紀フォックスが交渉に入っていたが、今回の交渉が決裂したことがDarkhorizons.comによって明らかになった。

スピルバーグ製作総指揮!映画『メン・イン・ブラック3』場面写真

 2週間前に20世紀フォックスTVの共同社長デイナ・ウォルデンは「今、ネットフリックスと最も精力的に会話をしていて、我々はもう一つの選択の余地を議論している最中です」とコメントしていたが、どうやら交渉の同意には至らなかったようだ。

[PR]

 同番組は、膨大な制作費を掛けて描かれた話題のテレビドラマで、1話だけでも約15億円の予算を費やし、その後もおよそ3億円近くもエピソードごとに捻出していたために、わずか1シーズンで打ち切りとなっていた。

 同番組のストーリーは、西暦2149年の地球が環境汚染と人口増加で悲惨な状態になっていたことで、その状況を打開するために8500万年前の地球にタイムトラベルして、新たに人類史をやり直そうとする人たちを描いたドラマ作品。

 ちなみに、同番組に出演していた俳優数人は、他のテレビ番組の出演をすでに決めていて、予算だけでなく、今後番組を続行する可能性も難しいようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]