ロバート・レッドフォード、ウォーターゲート事件を題材にしたドキュメンタリー番組を製作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロバート・レッドフォード - Andrew H. Walker / Getty Images

 ハリウッドの重鎮、ロバート・レッドフォードが、ウォーターゲート事件を題材にしたドキュメンタリー番組を製作し、ナレーションも務めることになった。

ロバート・レッドフォード監督・主演映画『大いなる陰謀』写真ギャラリー

 ウォーターゲート事件は、1972年から74年、当時のアメリカ大統領リチャード・ニクソン率いる共和党政権が、野党の民主党本部があるビルの盗聴にかかわったとして、ニクソン大統領が辞任したスキャンダル。1976年の映画『大統領の陰謀』では、ロバートはこの事件を調査したワシントン・ポスト紙のジャーナリスト、ボブ・ウッドワード役を演じたが、それから36年を経て、同じ題材をドキュメンタリーという別の形で表現することに。今回製作する番組は、このスキャンダルが以後40年のアメリカ政界やメディアに及ぼした影響を探っていく。

[PR]

 ロバートはニューヨーク・タイムズ紙で「今こそ、歴史に目を向けるべきときだ」と意欲を語っているほか、英BBCのインタビューでは、ドキュメンタリーは新聞よりも真実に忠実であり、正確な調査が必要とされるジャーナリズムにおいて「ドキュメンタリーが新聞に取って代わってきている」とコメント。ドキュメンタリーという、映像表現の手法に高く期待しているよう。

 番組は、ドキュメンタリー・チャンネル「ディスカバリー・チャンネル」で2013年に放映される予定。(竹内エミコ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]