ジャスティン・ビーバーのバスケ映画、脚本のリライトのため製作に遅れ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
より良い映画にしてくれるのなら待つのも楽しみだよね! - ジャスティン・ビーバー - Heidi Gutman / ABC / Getty Images

 ジャスティン・ビーバーが主演を務める予定の映画が、脚本のリライトのため製作が遅れているようだ。

 この作品は、ジャスティンがバスケットボール選手を、マーク・ウォールバーグがコーチ役で出演するドラマで、ふたりがポール・ニューマントム・クルーズ共演の映画『ハスラー2』のような師弟関係で描かれるという。製作は昨年4月に発表されていたが、それ以来進展がなかった。

 ジャスティンにとって初の本格的な映画出演作となるだけに、ファンの期待もふくらんでいたが、ジャスティンはMTVニュースで、「どうなっているのかよくわからないんだ。どうやら脚本を直しているみたいだ。より良くしようとしているんだよ」と語り、現在、脚本の直しが行われているよう。

 自身もバスケットが得意というジャスティン。「まだ、マークとこの映画に取り組んでいるよ」と、企画はあくまでも続いていることを明言。マークもジャスティンとの共演作は「待つ甲斐がある」と楽しみにしているということで、ファンにはもう少し待ってもらうことになりそうだ。(竹内エミコ)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]