『ダイ・ハード』第5弾の悪役は『ワイルド・スピードX2』のコール・ハウザー! ブルースとは3度目の共演に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブルースとの3度目の共演は敵役! ハンスを超える悪役になれるか?- コール・ハウザー - Alberto E. Rodriguez / Getty Images

 『ダイ・ハード』シリーズの新作『ア・グッド・デイ・トゥ・ダイ・ハード(原題) / A Good Day to Die Hard』の悪役を、映画『ワイルド・スピードX2』やテレビドラマ「CHASE チェイス/逃亡者を追え!」のコール・ハウザーが演じることが、Deadline.comにより明らかになった。

コール・ハウザー主演映画『パパラッチ』写真ギャラリー

 『エネミー・ライン』のジョン・ムーア監督がメガホンを取る『ア・グッド・デイ・トゥ・ダイ・ハード(原題)』では、ジョン・マクレーンブルース・ウィリス)がロシアに進出。自身の息子ジャック(ジェイ・コートニー)と共に、世界破滅をもくろむ国際テロ組織と戦うストーリーとなっており、コール・ハウザーはコリンズという名前の敵役を演じるという。

 コールとブルースは2002年の『ジャスティス』2003年の『ティアーズ・オブ・ザ・サン』という2本の戦争映画で共演したことがあり、今回が3度目の共演となる。息子の登場でシリーズ継承もうわさされる本作で、ブルースとどんな戦いを繰り広げるのか。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]