『G.I.ジョー』シリーズのチャニング・テイタム、ローランド・エメリッヒ監督のアクションスリラー『ホワイトハウス・ダウン』に出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
現在出演交渉中のチャニング・テイタム

 映画『G.I.ジョー』シリーズのチャニング・テイタムが、映画『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督によるアクションスリラー映画『ホワイトハウス・ダウン(原題) / White House Down』に出演交渉中とのニュースがHollywood Reporterにより明らかになった。

チャニング・テイタム出演映画『君への誓い』場面写真

 チャニング・テイタムが受ければ、シングル・ファーザーのシークレット・サービス役で、軍に占拠されたホワイトハウスをたった一人で少ない武器を駆使して取り戻すという映画『ダイ・ハード』的なストーリーになるという。

[PR]

 このプロジェクトは、ソニー・ピクチャーズが映画『アメイジング・スパイダーマン』のジェームズ・ヴァンダービルトが書き下ろした脚本を300万ドル(約2億4,000万円)という巨額な金額で買い取ったことが話題を呼んでおり、ヴァンダービルトは映画『ブラック・スワン』のプロデューサー、ブラッドリー・J・フィッシャーらとともに製作にもかかわることになっている。

 また、現在ミレニアム・ピクチャーズも、同じくホワイトハウスが占拠されるというストーリーのプロジェクトで、ジェラルド・バトラー主演、映画『トレーニング デイ』の監督アントワーン・フークアがメガホンを取る映画『オリンパス・ハズ・フォールン(原題) / Olympus Has Fallen』を企画しており、この二つの映画がライバルプロジェクトという点でも注目を集めている。

 ソニー・ピクチャーズはこの夏から撮影スタートの予定をたてている。どちらの作品が先にビッグ・スクリーンを飾るのか興味津々だ。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]