アンソニー・ホプキンス、ヒッチコックの次はアーネスト・ヘミングウェイに!監督はアンディ・ガルシア!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
偉大な作家を演じるアンソニー・ホプキンス - Steve Granitz / WireImage / Getty Images

 映画『オーシャンズ11』シリーズのアンディ・ガルシアが製作、脚本、監督を務める映画『ヘミングウェイ&フエンテス(原題) / Hemingway & Fuentes』で、アンソニー・ホプキンスが文豪アーネスト・ヘミングウェイを演じるとハリウッド・リポーターが報じた。

 この企画は、長年ヘミングウェイの釣り船の船長を務めたグレゴリオ・フエンテスとヘミングウェイの友情を描くもの。グレゴリオとの交流は、小説「老人と海」を書くにあたり、ヘミングウェイにインスピレーションを与えたといわれている。ヘミングウェイの大ファンだというアンディは、2009年からこの企画に着手。ヘミングウェイの姪ヒラリー・ヘミングウェイと脚本を共同執筆している。

 グレゴリオはアンディ自身が演じ、ヘミングウェイの三番目の妻マリー・ウェルシュ・ヘミングウェイ役として、アネット・ベニングの出演も決定しているとのこと。撮影は2013年1月に開始予定。

 アンソニーは現在、1960年の傑作サスペンス映画『サイコ』製作の経緯を描いた映画『ヒッチコック(原題) / Hitchcock』でアルフレッド・ヒッチコック監督を演じている。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]