デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子ブランドン・クローネンバーグの新作が配給会社決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
息子ブランドンと父デヴィッド - Gareth Cattermole / Getty Images

 映画『ザ・フライ』や『イースタン・プロミス』など知られるカナダ出身の鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の息子ブランドン・クローネンバーグの新作『アンチヴァイラル(原題) / Antiviral』のアメリカの配給会社IFC・ミッドナイトに決定した。

 同作は、今年のカンヌ国際映画祭のある視点部門に出展された作品で、映画『ブラインドネス』や『ホーボー・ウィズ・ショットガン』をプロデュースしたニヴ・フィッチマンが製作を担当し、キャストには映画『ラスト・エクソシズム』のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、映画『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』のサラ・ガドン、そして映画『時計じかけのオレンジ』などでおなじみのマルコム・マクダウェルが出演している。

 そのストーリーは、有名人の皮膚から繁殖したウイルスを、ブラック・マーケットで有名人の熱狂的なファンたちに販売しているクリニックに務める従業員シド。だがある日、彼自身もセレブを死に至らしめたウイルスに感染してしまったことで、シドはそのセレブの熱狂的なファンたちの標的になってしまうというスリラー作品だ。

 今作がブランドン・クローネンバーグ監督のデビュー作で、今後の活躍が期待される。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]