『E.T.』でスピルバーグはヌードシーンを求めていた!エリオット母親役女優が明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スピルバーグから過激なヌードシーンを求められたことを明かしたディー・ウォーレス - Alberto E. Rodriguez / Getty Images

 映画『E.T.』でエリオット少年の母親を演じた女優ディー・ウォーレスが、同作の撮影中にスティーヴン・スピルバーグ監督からより過激なヌードシーンを求められていたことを明かした。The Sunが報じている。

映画『E.T.』フォトギャラリー

 同紙によると、ディーが裸になることを求められたのは、エリオット少年のお菓子に釣られたE.T.が家にやって来るまでの一連のシーン。その要求に対してディーは「それは違うと思う」と抗議し、結局ベッドにうつぶせになるという現行のバージョンに落ち着いたのだという。

[PR]

 『E.T.』といえば、スピルバーグ監督の代表作にして、子どもから大人まで楽しめる作品として今なお多くのファンを生み出し続けている作品。今回ヌードをめぐる攻防が明らかになったシーンは、ストーリーに大きく関わるものではないものの、もしもスピルバーグ監督の要求が通っていたら、作品の雰囲気は多少なりとも変わっていたかもしれない。

 また、ディーは同作の「20周年アニバーサリー特別版」での、オリジナルではライフルを持っている警官が無線機を手にしているという修正についても否定的。「ライフルを持っているという描写は、あの時代の空気をよくとらえたものだったの」とスピルバーグ監督の判断に疑義を呈している。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]