教師役に初挑戦の多部未華子、七夕の願い事もちょっぴり大人に?「すてきな出会いがありますように」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 20日、港区赤坂にある乃木会館にて7月スタートのテレビドラマ「浪花少年探偵団」のヒット祈願イベントならびに製作発表会が行われ、主演の多部未華子が「すてきな出会いがありますように」と七夕のお願い事をする場面があった。この日はほかに、小池徹平松坂慶子斉藤由貴前田航基前田旺志郎濱田龍臣高橋昇がそれぞれ浴衣姿で出席した。

 人気作家・東野圭吾の小説を原作にした本作は、大阪が舞台。今年1月にスタートした撮影はすでにクランクアップしており、初の教師役に挑んだ多部は「つい最近まで学生服を着る役が多かったので、先生役と聞いて、先生に見えるかなと不安でした」とコメント。「子どもたちと接する機会がこれまでなかったので、子どもたちに囲まれてどうしていいかわからなかった。でも最後は打ち解けて、みんなをいとおしく思った」と振り返った。

 会見の前に行われたヒット祈願イベントでは、出演者それぞれが短冊に願いを書いて発表する場面もあり、そこで明かされた多部の願いごとは「すてきな出会いがありますように」というもの。「ドラマを通じて子どもたちをすごく好きになりました。このドラマを通じてまたいろいろな出会いがありますように」と恥ずかしそうな様子の多部だったが、その顔には確かに充実感が滲んでいた。

[PR]

 また、方言指導を受けたという大阪弁に関しては、普段のキャラクターからは想像もつかない激しい大阪弁も劇中で披露。これには関西出身の小池もびっくりだったそうで、「本読みの段階からその大阪弁が素晴らしくて、耳のいい方なんだなと思った」と絶賛していた。(取材・文:名鹿祥史)

テレビドラマ「浪花少年探偵団」は7月2日夜7時より放送 初回は2時間スペシャル

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]