倉科カナが記憶を失った主人公に…頭の中は17歳という難役に挑む

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
10年分の記憶を失った主人公を演じる倉科カナ

 女優の倉科カナが主演を務め、映画では初めて秋田県秋田市でオールロケを行っている『遠くでずっとそばにいる』が、来年公開される。倉科は、交通事故により10年分の記憶を失い、外見は27歳だが頭の中は17歳という難役に挑んでいる。

 狗飼恭子の同名小説を映画化したのは、岩井俊二監督の映画『Love Letter』などでプロデューサーを務め、映画『ココニイルコト』『夜のピクニック』などを手掛けてきた長澤雅彦監督。岩井監督は本作で音楽を担当しており、キャストは倉科のほか、中野裕太伽奈徳井義実チュートリアル)、六角精児らバラエティーに富んだ顔ぶれが集結した。

 物語の主な舞台となるのは、秋田市の久保田城跡でもある千秋公園のお堀。ここにある蓮の花が、10年間の記憶を交通事故でなくした主人公の記憶をめぐるモチーフとなっている。中野は、倉科演じる主人公の恋人と思われる男、伽奈は性同一性障害を抱える主人公の同級生を演じ、3人で記憶の糸をたどっていく。

[PR]

 そこには、もう一つの恋愛や、記憶をなくした半年前にも交通事故に遭っていたという事実があった。謎解き要素が含まれた恋愛ミステリーである本作の仕上がりに期待したい。撮影は今月下旬まで行われる予定。(編集部・小松芙未)

映画『遠くでずっとそばにいる』は2013年初夏秋田市先行上映、全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]