『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ主演のスパイク・ジョーンズ監督新作タイトルは『ハー』に決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ルーニー・マーラ主演映画のタイトルがついに決定! - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 映画『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』のスパイク・ジョーンズ監督の新作が、これまでタイトル未定で伝えられていたが、この度『ハー(原題) / Her』というタイトルに決定したことを、The Film Stageが伝えた。

ルーニー・マーラ出演映画『ドラゴン・タトゥーの女』場面写真

 当初主演に決まっていた映画『わたしを離さないで』のキャリー・マリガンが、スケジュールの都合上、降板したのを受けて、映画『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが主役を演じることになっているほか、映画『容疑者、ホアキン・フェニックス』のホアキン・フェニックスサマンサ・モートンエイミー・アダムスなどの出演が決定している。

[PR]

 『ハー(原題)』は、ホアキン演じる孤独なライター、セオドアが、ユーザーの望みを何でも叶えてくれるという、最新のパソコンOSを購入したところ、なんと彼とOSとの間に恋が生まれてしまうというストーリー。

 ヴァーチャルワールドを描き出すのが十八番のジョーンズ監督、また不思議な世界を生み出してくれるに違いない。製作は2013年予定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]