ジブリ小冊子「熱風」が電子化され無料配信!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
小冊子「熱風」10月号

 スタジオジブリの小冊子「熱風」10月号が、電子書籍として無料配信を開始した。無料配信されるのは、10月号の1号のみ。10日から11月9日までの1か月限定で配信される。

 「熱風」は、「スタジオジブリの好奇心」をコンセプトに毎月10日に発行されている小冊子。これまでにも、「NO!原発」というプラカードを下げ、デモを行う宮崎駿の姿を表紙にした「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」という特集、「デモ」をテーマにした特集などを組み、話題を呼んできた。

 冊子は、全国約40店の書店で無料で配布されているが、「なかなか手に入らない」という声も多く、「本格化する電子出版」を特集した今回の1号に限り、試験的に電子配信することを決めたという。昨年12月、ブルーレイ『ハウルの動く城』『ゲド戦記』の発売を記念して、デジタルフリーペーパー「電子ジブリぴあ」を無料配布するなど、電子出版への取り組みを行っていたスタジオジブリ。今回の試験配信が、出版業界に与える影響にも注目したいところだ。

[PR]

 「本格化する電子出版」と題された「熱風」10月号の特集では、ゲーム・クリエイターで立命館大学教授の米光一成氏、株式会社講談社取締役第七編集局・デジタルビジネス局担当の古川公平氏、ライターで書評家の豊崎由美氏(※「崎」は正式には旧字。「大」が「立」になります)、弁護士の村瀬拓男氏がそれぞれの立場から電子書籍について寄稿したほか、株式会社夜間飛行の井之上達矢氏、株式会社ドワンゴの川上量生氏、編集者の杉原光徳氏、ジャーナリストの津田大介氏の対談を掲載し、電子出版について迫っている。(編集部・島村幸恵)

小冊子「熱風」2012年10号はスタジオジブリ関連書常設店、三鷹の森ジブリ美術館ほかにて無料配布 電子版詳細はhttp://www.ghibli.jp/top.htmlに掲載

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]