ジム・キャリー、現金輸送車強盗事件の実話描くアクション・コメディーに出演交渉中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジム・キャリー

 ジム・キャリーが映画『バス男』のジャレッド・ヘス監督がメガホンを取るアクション・コメディー映画『ルーミス・ファーゴ(原題)/ Loomis Fargo』に主演交渉中であることが明らかになった。The Wrap Moviesが報じた。

 『ルーミス・ファーゴ(原題)』は、1997年にノースカロライナ州最大の都市シャーロットで実際に起こった現金輸送車強盗事件を題材にした作品だという。ジムは、主犯格の男性役で出演交渉中。実際の事件では、約1,700万ドル(約13億6,000万円 1ドル80円計算)が強奪されていた。

 Hollywood Reporterによると、エミリー・スパイビーが手掛けた草稿に、ダニー・マクブライドジョディ・ヒルが手を加え、クリス・ボウマンとハベル・パルマーが脚本を仕上げたという。2013年春にもノースカロライナ州で撮影を開始する予定。(編集部・島村幸恵)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]