大友克洋監督の新作がアカデミー賞候補! 短編アニメ賞1次通過作品が発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アニメーション『火要鎮』より - (C)SHORT PEACE Committee

 現地時間9日、第85回アカデミー賞短編アニメ賞の1次審査通過作品が発表され、『AKIRA』などで知られる大友克洋監督の新作『火要鎮』(ひのようじん)など10本が選ばれた。最終ノミネート作品3~5本は現地時間1月10日に発表される。

大友克洋監督新作アニメーション映画『火要鎮』フォトギャラリー

 本年度の同部門には計56本が出品。日本からは選ばれたのは『火要鎮』のみ。同作は大友監督が『スチームボーイ STEAMBOY』以来9年ぶりに手掛けた新作で、プロジェクト「SHORT PEACE」の一作として制作。来年の公開が予定されている。

[PR]

 1次審査通過作品は以下のとおり。
『アダム・アンド・ドッグ(原題) / Adam and Dog』
『火要鎮』
『ドリップド(英題) / Dripped』
『ザ・イーグルマン・スタッグ(原題) / The Eagleman Stag』
『ザ・フォール・オブ・ザ・ハウス・オブ・アッシャー(原題) / The Fall of the House of Usher』
『フレッシュ・グアカモーレ(原題) / Fresh Guacamole』
『ヘッド・オーバー・ヒールズ(原題) / Head over Heels』
『マギー・シンプソン・イン・“ザ・ロンゲスト・デイケア”(原題) / Maggie Simpson in “The Longest Daycare”』
『ペーパーマン(原題) / Paperman』
『トラム(英題) / トラム』

(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]