新「バットマン」映画は2017年に公開か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新「バットマン」候補と報じられたジョセフ・ゴードン=レヴィット - Barry King / FilmMagic / Getty Images

 人気アメコミを原作にした「バットマン」の新作映画が早ければ2017年にも公開されるかもしれない。クリストファー・ノーランが監督した3部作は昨年公開された『ダークナイト ライジング』で完結しているため、世界観を一新した新シリーズとして製作されることになる。

映画『ダークナイト ライジング』場面写真

 BATMAN-ON-FILM.COMによると、ノーラン版のクリスチャン・ベイルに代わる新「バットマン」は、DCコミック版『アベンジャーズ』といえる映画『ジャスティス・リーグ(原題) / Justice League』で初めて登場するとみられているとのこと。同作が2015年公開予定であることから、新「バットマン」を主人公にした映画は早くとも2017年公開になる可能性が高いのだという。

[PR]

 うわさの域を出ない情報ではあるが、ファンにはうれしい知らせ。とはいえ、「バットマン」の新作映画が実現するかどうかは、同じくDCコミックを原作にした「スーパーマン」のリブート作『マン・オブ・スティール』や『ジャスティス・リーグ(原題)』の成功に懸かっているといい、まだまだ予断を許さない状況であることは確かだ。

 ノーラン版「バットマン」に続く新「バットマン」映画のうわさは、『ダークナイト ライジング』公開前の2011年からささやかれてきた。一部では『ダークナイト ライジング』でジョン・ブレイクを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットが新「バットマン」として『ジャスティス・リーグ(原題)』に出演するのではないかとも報じられたが、ジョセフ側はこれを否定している。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]