『グリーン・デスティニー』続編、ついに始動!5月に撮影開始か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
前作でユー・シューリンを演じたミシェル・ヨー - Pascal Le Segretain / Getty Images

 アカデミー外国語映画賞に輝いたアン・リー監督作品『グリーン・デスティニー』の続編が、今年5月より撮影開始予定だという。Deadline.comが報じている。

アン・リー監督作品 映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』写真ギャラリー

 ワインスタイン・カンパニーが企画している本作は、『ドラゴン・キングダム』のジョン・フスコが脚本を執筆し、『チャイニーズ・ゴースト・バスターズ』や『ケミカル51』のロニー・ユーが監督交渉に入っている。

[PR]

 『グリーン・デスティニー』は、中国の作家ワン・ドウルーによる全5巻の武侠小説「鶴鉄五部曲」の4巻目、「臥虎蔵龍」の映画化作品だ。本作では、最終巻の「鐵騎銀瓶」を原作に、前作でミシェル・ヨーが演じたユー・シューリンをめぐる物語が描かれるそうだ。

 前作に出演した俳優たちの続投については未定。またフスコは、前作で繰り広げられた華麗なワイヤーアクションシーンの演出を担当したユエン・ウーピンが、再び続編に携わってくれることを望んでいるという。5月の撮影開始を実現させるには、急ピッチでキャスト、スタッフを決定する必要がありそうだ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]