新R-1王者三浦マイルド、優勝ネタは詐欺被害から誕生

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新R-1王者三浦マイルド

 12日、日本一のピン芸人を決める「R-1ぐらんぷり2013」で優勝した三浦マイルドが、大会直後に報道陣の囲み取材に応じ、優勝の喜びを語った。

 ファイナルステージで披露した道路交通警備員ネタの衣装のままで登場した三浦マイルドは、「大変なことをしでかした感じ。今後が楽しみでもあるけど、不安も大きいです」と優勝が信じられないといった表情を見せた。また、今の気持ちを真っ先に伝えたい人物は母親だとし、「女手一つで育ててくれたんです。芸人になることも反対されたけど、これでようやく認められるかな」と語った。

 現在35歳で芸人をしながら伊藤ハムで時給840円で週4日のアルバイト生活を送っているという三浦。年収について、「見栄を張っても30万円」と苦しい生活を明かしたが、優勝賞金500万円は「半分は母親にあげて、あと社会貢献にも使いたい。それと後輩と旅行かな」と“人”のために使っていく方針だ。

[PR]

 さらに、満場一致の票を集めた道路交通警備員のネタは実体験から生まれと明かし、「大学時代にあの(道路交通警備員の)バイトをしていました。(ネタに登場する)ニシオカさんも実際にいた方です。ニシオカさんから『タイでパスポートをなくしたから5万円振り込んでくれ』と言われて実際5万円詐欺被害に遭ったので、その復しゅうという気持ちもあってネタをやりました」と優勝ネタの誕生秘話も語った。

 本大会では、手持ちネタの「マイルドフラッシュ」を封印して挑んだ三浦。それについて、「それしかないとネットでも書かれていて、そう思われたくないので」と負けん気の強さを見せ、スギちゃんキンタロー。といった強豪にも、「見とけよ、最後は自分が一番面白いと思わせてやるからな」という思いを胸に挑んだことを明かした。

 「R-1ぐらんぷり」は2002年に開始し今回で11回目。司会はお笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之蛍原徹)と加藤綾子アナウンサーが務め、審査員は桂文枝高田純次関根勤ラサール石井板尾創路木村祐一勝俣州和の7名が務めた。(取材・文:中村好伸)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]