マイケル・ベイ最新作の撮影現場から、アダルトグッズが紛失!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
誰が持っていってんだー? - マイケル・ベイ監督

 4月26日より全米公開された、マイケル・ベイ監督の最新作『ペイン&ゲイン(原題) / Pain & Gain』の撮影現場から、アダルトグッズが紛失していたことが明らかになった。

マイケル・ベイ監督&スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮!映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』フォトギャラリー

 ベイ監督はThe Daily Beastの取材にて、撮影中最もクレイジーだったエピソードを聞かれ、「アダルトグッズの在庫を置いておく倉庫での撮影のために、7万5,000ドル(約675万円)分のアダルトグッズを買ったんだ。リアルそのもののおもちゃを見て興奮していたクルーたちの様子は、撮影しておくべきだったよ。全部返品すれば、払った分の四分の三は返金される予定だったのに、グッズは次から次へと消えて行ったんだ」と大人のおもちゃが消えてなくなっていった笑えるエピソードを明かした。(1ドル90円計算)

 『ペイン&ゲイン(原題)』は、実際に起きた犯罪を基に、マーク・ウォールバーグドウェイン・ジョンソンらが演じるボディービルダーたちが起こす強盗事件を描いたアクションコメディー。日本公開は未定だ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]