スピルバーグ、『ローマの休日』脚本家作品を約50年ぶりに映画化へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・スピルバーグ監督 - Jesse Grant / WireImage / Getty Images

 映画監督のスティーヴン・スピルバーグが、映画『ローマの休日』などで知られる故ダルトン・トランボさんの脚本の、約50年ぶりの映画化を企画していることが明らかになった。Deadline.comが報じた。

スピルバーグのSF大作!『宇宙戦争』フォトギャラリー

 同メディアによると、スピルバーグが映画化を企画しているのはトランボさんが1965年に執筆した脚本作。「モクテスマ」と題された同作は、アステカの第9代の君主として知られるモクテスマ2世と、スペインによるアステカ征服の立役者となったエルナン・コルテスの衝突を描いた歴史劇で、カーク・ダクラス主演、マーティン・リット監督で映画化される予定だったが、その後断念。脚本もお蔵入りとなった。

[PR]

 実に49年越しとなる今回の映画化に際しては、トランボさんの脚本を『シンドラーのリスト』などのスティーヴン・ザイリアンが改稿。トランボさんの脚本ではモクテスマ2世だった主人公をエルナン・コルテスに、タイトルを「コルテス」に変更するという。コルテス役の俳優には、スペイン出身の国際派、ハビエル・バルデムが候補に挙げられている。

 スピルバーグは多くの映画・テレビドラマにプロデューサーとして名を連ねているものの、監督作は2012年の『リンカーン』が最後。久々のSF大作となる予定だった『ロボポカリプス(原題)/ Robopocalypse』も製作が無期限延期になるなど、次回作が決まっていなかった。(編集部・福田麗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]