シネマトゥデイ

向井理、初恋の相手は幼稚園の女の子 再会の希望なしときっぱり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
自身の初恋を振り返った向井理

 俳優の向井理が16日、出演映画『百瀬、こっちを向いて。』の予告編ナレーション収録を都内スタジオで行った。非モテ男子だった15歳のころの初恋を引きずる気弱な30歳の小説家を演じる向井の初恋の相手は「幼稚園のころ、ずっと一緒に遊んでいた女の子」だといい、「きれいなままパッケージしておいたほうがいいので、今会いたいとは思わない」と初恋に対する自身の思いを明かした。

初恋を振り返る向井理…フォトギャラリー

 本作で語り部も担当する向井は、15年ぶりに帰ってきた故郷で高校時代の忘れられない初恋を振り返るという役どころ。自身の高校時代は「人見知りがすごくてなかなか人と話すことができなかった」という向井は、劇中の高校時代の撮影も現場で見たそうで「若い高校生たちが主役でかわいらしいなって。僕の15歳の頃は朝練から始まって、ずっとサッカーの部活漬けでしたね」と青春時代を懐かしんだ。

[PR]

 本作は、作家の乙一中田永一という別名義で執筆したベストセラー小説が原作の青春ロマンス。人気アイドルグループ、ももいろクローバーのメンバーだった早見あかりが長編映画初主演を務め、役づくりのために長い髪をバッサリと切ったことでも話題の作品。向井は「原作を読むと不思議な話なんですか、大人の人に共感が得られる話だと思います」と印象を語っている。

映画『百瀬、こっちを向いて。』は5月10日より新宿ピカデリーほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]