カンバーバッチ、自分の顔を「魅力的なカワウソ」と評価

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
僕の顔って動物的じゃない? ベネディクト・カンバーバッチ - Mike Marsland / WireImage / Getty Images

 俳優ベネディクト・カンバーバッチは、世間が魅力的な顔をしていると評価しているのに対し、自分では動物的な要素があると思っているようだ。

カンバーバッチ出演!映画『それでも夜は明ける』写真ギャラリー

 「妙な顔であることにはそれなりの恩恵がある。僕の場合、カワウソと、なんとなく魅力的に感じる顔の中間だね。それとも、魅力的なカワウソなのかもしれない」とThe Hollywood Reporterにジョークを飛ばしている。

[PR]

 彼によると、世間が彼を魅力的に思っているのは顔ではなく、俳優として成功をした点じゃないかと思っているそうだ。その証拠に、「最もホットな男性」のリストなどに名前が挙がるようになったのはつい最近だという。

 「僕はこの顔で10年ほど仕事を続けているが、『ホットな男性』リストに載り始めたのは最近のことだ。僕が俳優としてスタートした時は1,000位の人の顔にも及ばなかったのに、今では載るというのは説明がつかないよ。だから、魅力的だと思われているのは僕の仕事をルックスに投影しているんだと思う。それはそれで光栄だよ」と語っている。

 ベネディクト本人は自分の顔を魅力的だとは思っていないとのこと。「僕は典型的なハンサムな顔ではない。首も顔も長く、近親交配されたかのような妙な雰囲気もある。だからそれを利用するよ。時代物で襟の高い服を着て、馬に乗っているのが似合う役でいいよ。でも、ずっとは嫌だな。だから、時には『SHERLOCK(シャーロック)』のように、21世紀で襟を立てたりするんだ」とコメントしている。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]