「0011ナポレオン・ソロ」の映画化作品の公開日が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ナポレオン・ソロ役は新スーパーマンのヘンリー・カヴィル

 1960年代に全米で人気を博したテレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」の映画化作品『ザ・マン・フロム U.N.C.L.E(原題) / The Man From U.N.C.L.E』の公開日を、ワーナー・ブラザースは2015年1月16日に設定した。Varietyほか複数のメディアが報じている。

ヘンリー・カヴィル出演映画『マン・オブ・スティール』場面写真

 本作は当初、映画『オーシャンズ』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督が製作する予定だったが、キャスティングと予算の折り合いがつかずに降板。その後、映画『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチーがメガホンを取ることになった。キャストも一時期はトム・クルーズが主演予定だったが、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ第5弾のスケジュールの都合で降板し、代役として映画『マン・オブ・スティール』のヘンリー・カヴィルが主役ナポレオン・ソロを演じる。さらに映画『ローン・レンジャー』のアーミー・ハマーがイリヤ・クリヤキンに挑戦する。

 撮影は昨年の9月からロンドンやイタリアで行われ、現在が編集段階に入っているようだ。今回の公開日の決定は、アメリカの祝日である「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」に合わせた興行を見込んでいるようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]