デヴィッド・フィンチャー監督、スティーブ・ジョブズの伝記映画でクリスチャン・ベイルを要求!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
クリスチャン・ベイルと若き日のスティーブ・ジョブズ 違和感なし? - Tom Munnecke / Getty Images(右)

 映画『ファイト・クラブ』『ドラゴン・タトゥーの女』などのデヴィッド・フィンチャーが監督候補に挙がっている、アップル社の共同設立者故スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画で、フィンチャーが人気俳優クリスチャン・ベイルを主演に要求していることがWrapによって明らかになった。

そっくり!アシュトン・カッチャー主演映画『スティーブ・ジョブズ』フォトギャラリー

 本作は、『ドラゴン・タトゥーの女』、『キャプテン・フィリップス』のスコット・ルーディンと、映画『2012』のマーク・ゴードン、映画『エクスペンダブルズ2』のガイモン・キャサディが、ソニー・ピクチャーズのもと製作する予定の作品。先日、フィンチャーは、本作を監督する可能性について話し合うためソニー・ピクチャーズの共同会長エイミー・パスカルと話し合った際、ベイルを主演候補に挙げており、ベイルが主演するならば、フィンチャーもメガホンを取ることを引き受ける可能性が高くなってきた。なぜならフィンチャーは、エイミー・パスカルとは、これまで『ドラゴン・タトゥーの女』でもタッグを組んでおり、フィンチャーの意見を快く受け入れる可能性が高いと思われているからだ。

 もっとも、ベイルはまだ正式にオファーを受けてはいない段階で、彼が出演することになるかはわからないが、デヴィッド・フィンチャーとクリスチャン・ベイルのタッグはぜひとも観てみたい気がする。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]