「グーグーだって猫である」今度はドラマ化!宮沢りえ&犬童監督が初タッグ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
連続ドラマW「グーグーだって猫である」で主演を務める宮沢りえ

 少女漫画家・大島弓子の自伝的コミックエッセイ「グーグーだって猫である」が、連続ドラマとして再び映像化され、今秋WOWOWで放送されることがわかった。映画版『グーグーだって猫である』でメガホンを取った犬童一心がドラマ版でも監督を務め、主演には監督と初タッグとなる宮沢りえが決定した。

こちらは映画版!映画『グーグーだって猫である』場面写真

 本作の主人公は、吉祥寺に住む少女漫画家・小島麻子(宮沢)。小島は飼い猫・サバが亡くなったことで食事ものどを通らないほど憔悴(しょうすい)してしまうが、ホームレスが連れている病気の子猫と出会い……というストーリーだ。原作コミックは累計80万部を発行し、2008年には小泉今日子主演で映画化もされた。

[PR]

 映画版を鑑賞したという宮沢は「もう一度ドラマで撮られるというのは、すごいエネルギーだなぁと。あえてもう一度取り組むというところにどんな意味があるのか興味がありました」と再映像化に好奇心を示し、「監督とは以前から一度ご一緒したいなと思っていたんです」と喜んだ。主人公・小島を演じることについては「キラキラとした日常が流れていく一方で、モノをつくるアーティストとしての葛藤や苦悩をリアルに出せたらいいな、と思っています」と語っている。

 犬童監督は「ドラマ版には魅力的な目が離せない住人達がいっぱい登場します」と映画版では見られなかった新たなキャラクターが登場することをにおわせ、「愛猫サバの『死』に揺れる主人公小島麻子の深い悲しみ。それを癒やしていくのはいったい何なのか? ゆっくりとじっくりと探ってみたいと思います」と映画とは一味違った作品になることを明かした。

 また初タッグを組む宮沢については「彼女の演技にはいつもしっかりアイデアがあり、誠実で、でもそれでいながらあけっぴろげで大胆です。そして、美しい。生涯そう出会うことのない息をのむ美しさだ」とべた褒め。さらに本作が未完成であるにもかかわらず、「お願いですからもう一度僕の作品に出てください」と宮沢への熱いラブコールを送っていた。(編集部・井本早紀)

連続ドラマW「グーグーだって猫である」は今秋WOWOWにて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]