池松壮亮、自分が子供なのか大人なのか考え中!『大人ドロップ』が大ヒット御礼イベント

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
池松壮亮と前野朋哉

 俳優の池松壮亮前野朋哉が18日、都内・ヒューマントラストシネマ渋谷で行われた、現在公開中の映画『大人ドロップ』の大ヒット御礼イベントに出席した。司会進行をプロデューサーの柴原祐一が務める中、前野が「続編を作りたい。タイトルは『初老ドロップ』か『中年ドロップ』?」と冗談交じりに提案するなど、会場はなごやかな雰囲気に包まれた。

映画『大人ドロップ』フォトギャラリー

 この日、観客から「自分は大人だな」と思う瞬間を質問されると、池松はいろいろな思いがめぐったようで、「まだ子供だとも思っているし、子供のころから大人だと思っているし……うーん、なんか、答えになってないかも」と回答。前野は、「そうですね、僕、結婚しまして……」と言いかけると会場から拍手が沸き起こり、照れながら「生活をちゃんとしなければならないので、口座を作ったり、いろいろがんばんなきゃなって考えているところが大人かな」としっかり者の一面を見せていた。

[PR]

 また、ロケ地となった伊豆・河津の思い出について話が及ぶと、二人は口をそろえて「回転ずし!」と回答。池松は「回転ずしのレベルがとんでもない」と絶賛し、前野も「安くて、分厚くて、新鮮」と共感。さらに前野は、「わさびも有名だよね、わさび丼とかおいしそう」と食の話に集中すると、突然、柴原が「実は今日、河津から差し入れがあるんです」とスタッフを呼び込み、河津わさびを使った発売前の新菓子「あんバタわさこ」のサプライズ

 本作は、「さよなら アメリカ」などの人気作家・樋口直哉の小説を基に、「荒川アンダー ザ ブリッジ」シリーズの飯塚健監督がメガホンを取った青春ドラマ。伊豆・河津を舞台に高校最後の夏休みを迎えた男女4人が、焦りや不安を抱きながら大人への階段を昇ろうと奮闘する姿を描く。(取材・文:坂田正樹)

映画『大人ドロップ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]