予告編ナンバーワンを決めるゴールデン・トレーラー・アワード発表!最優秀賞は『ゼロ・グラビティ』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ゼロ・グラビティ』で共演したジョージ・クルーニー&サンドラ・ブロック - Franco Origlia / Getty Images

 優秀な予告編に贈られる賞ゴールデン・トレーラー・アワードが今年も発表され、最優秀に当たるベスト・オブ・ショー賞を『ゼロ・グラビティ』が獲得した。

予告だけでも冷や汗が……映画『ゼロ・グラビティ』予告編

 受賞したのは『ゼロ・グラビティ』の予告編「ディタッチド(原題) / Detached」で、ジョージ・クルーニーサンドラ・ブロックが宇宙廃棄物との接触により、シャトルから切り離され、宇宙へと浮遊していく緊迫した2分間の映像となっている。

[PR]

 スタジオ別では、ワーナー・ブラザースが15個のゴールデン・トレーラー・アワードを受賞。ユニバーサルとフォーカスはそれぞれ9個、ライオンズゲートは8個を受賞している。

 ゴールデン・トレーラー・アワードは、世界的な映画マーケティングを表彰するために1999年に設立された賞で、アクション、アニメーション、ドラマ、ファンタジーアドベンチャーなどのカテゴリー別で予告編を審査している。第15回ゴールデン・トレーラー・アワードの主な受賞結果は以下の通り。(澤田理沙)

ベスト・オブ・ショー
『ゼロ・グラビティ』「ディタッチド(原題)」

ベスト・アクション
『ハンガー・ゲーム2』「ワールド・イベント(原題) / World Event」

ベスト・アニメーション
『アナと雪の女王』「フォーシズ・ファースト・ペッド(原題) / Forces First Ped」

ベスト・ファンタジー・アドベンチャー
『マレフィセント』「ドリーム(原題) / Dream」

ベスト・ホラー
『死霊館』「ケース(原題) / Case」
ほか

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]