ジェイク・ギレンホール、『ダラス・バイヤーズクラブ』監督の新作に出演か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジャン=マルク・ヴァレ監督の新作映画『デモリッション(原題)』に出演決定 - ジェイク・ギレンホール - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 映画『ブロークバック・マウンテン』『プリズナーズ』のジェイク・ギレンホールが、映画『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督の新作、『デモリッション(原題) / Demolition』に出演する可能性があるとDeadline.comが報じた。

ジェイク・ギレンホール出演映画『ブロークバック・マウンテン』フォトギャラリー

 本作は、妻を亡くした若き投資銀行家が、精神を病み人生が破滅しつつあるところを、ある女性との出会いにより救われていくというストーリー。映画化されていない優れた脚本がリストアップされる「ブラックリスト」に挙げられている、ブライアン・サイプによる脚本の映画化企画である。

[PR]

 ヴァレ監督は、「『デモリッション(原題)』は、人間の心理、何がわれわれを唯一無二の存在にしているのか、何がわれわれを愛に駆り立てるのかについて理解しようという、情熱的で真摯(しんし)な欲求に突き動かされて書かれた、力強く感動的なストーリーだ」と本作について述べている。

 ギレンホールは、映画『ボーン・レガシー』の脚本家ダン・ギルロイがメガホンを取る、今年公開予定の映画『ナイトクローラー(原題) / Nightcrawler』で主演と製作を務めているほか、1996年にエベレスト山から奇跡的に帰還したジョン・クラカワーの小説「空へ エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか」の映画化作品である『エヴェレスト(原題) / Everest』が来年9月に全米公開予定だ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]